注)以下の和文は参考和訳であり、後続の英語原文と内容の差異がある場合には、英語原文が優先されるものと致します。


GRACENOTE API ライセンス契約書


あなた(以下「あなた」、「あなたの」または「ライセンシー」) は受諾の意志表示としてボックスをクリックするかあるいは API にアクセスまたはこれを使用することで成立する本契約書を受諾することにより (以下「受諾」または「受諾する」)、以下の GRACENOTE API ライセンス契約 (以下「本契約」) の法的拘束を受けることを受諾し合意する。もしあなたがある会社や他の法主体もしくは団体に代わってに本契約を締結する場合には、当該の会社、法主体もし くは団体を本契約に拘束する法的権限をご自分が持つことをあなたは表明かつ保証し、その場合には「あなた」、「あなたの」または「ライセンシー」は当該の 会社、法主体、もしくは団体を意味するものとする。本契約はあなたと GRACENOTE INC及びその関連会社(以下「GRACENOTE」) の間での法的な契約であり、(I) 本契約と、 (II)
HTTPS://DEVELOPER.GRACENOTE.COM
にある、あるいは本契約をあなたが受諾した時点であなたに提供される全ての他の文書、方針、条項などを含み、これらは本文書に参照のために組み込まれている。本契約の条項と当該追加文書の間に矛盾が生じた場合には、本 API とコンテンツの利用に関しては本契約が優先するものとする。


ライセンシーへのライセンス - 本契約の期間中において、かつ本契約の全契約条件の完全な順守と準拠を条件に、Gracenote はライセンシーに対し、(i) https://developer.gracenote.comまたは随時 Gracenote が指定する URL に存在する他のあらゆるウェブサイトにおいてGracenoteが提供するGracenote のアプリケーション・プログラム・インタフェース、ソフトウェア、コード、関連ツール、文書、その他の資料 (これらをまとめて以下「API」)および、 (ii) Gracenote のデジタルミュージックとメディアサービス (以下「Gracenote サービス」) からコンテンツを受信するためのサービスコールという唯一の目的によるAPI を通じた Gracenote サーバーへのアクセスに対する制限付き、非排他的、取消可能、サブライセンス不可、分割不可、移譲不可のライセンスを与えるもので、同ライセンスはすべて 非商用目的のために API と相互作用する非商用目的のアプリケーションを開発・配布する目的のためのみに与えるものである。API やコンテンツへのアクセスは利用できないときもあり、Gracenote はライセンシーへの通知なしにAPI とコンテンツを随時修正、中断、中止する権利を保持する。「コンテンツ」とは、音楽・映画・テレビ番組に関するメタデータや情報、カバーアート、コンテンツより派生するメディア識別子やGracenote がその商品に含むことを選択した他のあらゆるデータや情報などを含むが、これらに限定されるものではなく、これらは各場合において、Gracenote が随時単独の自由裁量により API 経由または本契約に従って提供あるいは別の方法で利用可能にすることのあるものである。ライセンシーによるいかなるコンテンツの使用も、本 API との同時使用に限定されるものである。本契約は、Gracenote がその単独の自由意思により提供することのある API あるいはコンテンツに関するいかなるサポートやアップグレード、またはこれらへのサービスレベルをライセンシーに与えるものではない。ライセンシーのアプ リケーションに関するエンドユーザー・サポートや他の技術的補助の提供については、ライセンシーが単独で責任を負う。Gracenote が次のバージョンの API をリリースし、https://developer.gracenote.comでそれらを利用可能にした場合には、ライセンシーのアプリケーションが APIおよびGracenoteサービスと機能し続けるためには、当該最新バージョンの入手と利用が必要となる場合があることをライセンシーは了承する。


GRACENOTE へのライセンスとフィードバック - ライセンシーは、本 API を利用した全てのウェブサイトと他の商品/アプリケーションを表示、プロモート、リンクする非排他的な権利とライセンスを、これら作品がライセンシーによ るものであることをGracenote が示すことを条件に、Gracenote に与える。ライセンシーはさらに、ライセンシーの API 使用に関連してライセンシーが Gracenote に提供したいかなる、かつあらゆるデータに対しても、取消不可の非排他的ライセンスを Gracenote に与え、またライセンシーがGracenote に提供した全ての資料がいかなる第三者の権利も侵害せず、いかなる、かつあらゆる請求も受けないことを表明かつ保証する。Gracenote はライセンシーが提供したいかなる案、アイデア、改善依頼、フィードバック、提案またはその他の情報や、これらからの派生物を利用する、またはこれらすべてをAPI やコンテンツへ組み入れる永続的なライセンスを世界全体で保有し、これにはロイヤルティがかからないものとする。


利用制限 - ライセンシーのアプリケーションは、Gracenote サーバーからコンテンツを取得または Gracenote サーバーにコンテンツを送信する際には直接 Gracenote サーバーにアクセスしなければならず、当該アクセスはライセンシー自身のサイトまたは他のいかなるサーバーからもリダイレクトしてはいけない。もしライセ ンシーのアプリケーションが少なくとも1つの API を含んでいれば、ライセンシーは API のいかなる部分に類似したまたは競合したいかなる製品をも当該アプリケーション内で使わないことに合意する。(i) ライセンシーのアプリケーションのエンドユーザー数と (ii) 、ライセンシー (そのエンドユーザーを含む) に許可された一日あたりの API コールの総数(本契約の期間中にライセンシーに発行された各クライアント ID ごとに設定)はGracenote 単独の自由裁量によるものであり、ライセンシーが本契約を受諾した時点でライセンシーに通知される場合がある。これにも関わらず、Gracenote は当該利用制限を通知なしにいつでも変更できる。本契約の下での他の権利に加え、Gracenote は技術的手段を行使していつでも過剰利用の防止や利用停止をすることができる。本ライセンスが本書で認めているアクセスよりも多くのアクセスをライセンシーが必要とする場合は、ライセンシーはGracenote に連絡し、商用 API ライセンスを求める ものとする。


クライアント ID とデベロッパー・アカウント - ライセンシーはAPI へのアクセス権を得るためにデベロッパー・アカウントを作成しなければならず、それは有効なメールアドレス毎に1つのアカウントに限られる可能性がある。 混乱を避けるために、ライセンシーはライセンシーが Gracenote と締結したかもしれない他のライセンス契約 (商用であれ非商用であれ) も含め、(本契約を個人自身で締結する場合) 一個人につき、または (本契約を会社や法主体、団体に代わって締結する場合) 一主体につき、複数のアカウントを持たないものとする(有効なレガシー顧客を除く)。API へのアクセスとアカウントの管理のためにクライアント ID がライセンシーに発行される。ライセンシーは、クライアント ID をいかなる他の者にも販売、移譲、サブライセンス、あるいは他の方法で開示してはならず、いかなる第三者の (単体または複数の) アプリケーション、技術、(単体または複数の) ウェブサイトまたは所有物においても使用してはならない。ライセンシーはクライアント ID の守秘とセキュリティを維持することに責任があり、クライアント ID を利用して生じる全ての活動について、当該活動をライセンシーが行った場合でも、第三者が行った場合でも、ライセンシーが完全な責任を負う。第三者による ものを含むがそれに限らず、クライアント ID がいかなる方法であれ、セキュリティ侵害または悪用されたとライセンシーが信じる場合には、ライセンシーは即座に Gracenote に通知するものとする。「クライアント ID」とはあなたのアプリケーションを Gracenote サーバー上で識別するもので、Gracenote が提供する英数字データの集合体である。ライセンシーは API とコンテンツの使用に単独の責任を負い、そのAPI とコンテンツの使用が個人情報、プライバシー、著作権や輸出規制に関する法律だけに限らず、適用されるあらゆる法律と規制を必ず遵守するようにするものと する。Gracenote は登録されたメールアドレスを利用し、デベロッパー・アカウント (Gracenote に関連するイベントを含むが、これだけに限らない) と API 利用に関するメールをライセンシーに送信する。



帰属要件 - API の全ての利用においては、標準的なリンク形式を用いたwww.gracenote.comへのリンクとともに、https://developer.gracenote.comで利用可能であるGracenote のロゴ(「ロゴ」) を表示しなければならず、これらは (i) 「アバウト・ボックス (About Box) 」または「情報ボックス (Info Box)」などのような、「一般通知 (General Notice)」またはそれに類する情報領域 (これらが存在する場合)、あるいは (ii) それに類する場所 (使用条件または商品詳細のセクションなど) において表示しなければならない。ライセンシーは本文書内の帰属要件に従うもの以外は、Gracenoteの、またはいかなる他者あるいは他のライセン サーのいかなる商標、サービスマーク、商号、その他のマークも使用しないものとする。


他の制限事項 - ライセンシーは、本契約のもとで明示的に認められる場合以外では、下記の事項を行ってはならない。(i) 本文書内で与えられるライセンスの適用範囲以外の目的で API やコンテンツを複製する。(ii) データベースまたは他のコンテンツをまとめたものを作成するために、または公表目的の比較分析のために、 Gracenote の書面による事前同意なしにAPI やコンテンツを利用する。(iii) Gracenote のサービス、Gracenote、またはそのコンテンツ・プロバイダー、協力会社、パートナーなどに対し、競合的、加害的、軽蔑的、または他の方法で悪影 響をもたらすサービスの提供または販売促進をするアプリケーションを作成するためにAPI またはコンテンツを利用する。(iv) API またはコンテンツのいかなる部分についても、これを複製、貸与、リース、販売、移譲、委任、サブライセンス、分解、リバースエンジニア、逆コンパイル、修正、その派生物の作成、もしくは変更する。 (v) (本文書内で与えられる限定されたライセンスを除き) API またはコンテンツより得られた情報のクロール、スパイダー、インデックスまたはあらゆる方法での保管、またはいかなるシステムまたはデータに対して損害を 与えることを意図したあらゆるウイルス、ワーム、トロイの木馬、他のプログラミングのルーチンを普及する。(vi) API を利用して権利侵害的または非合法的な資料を送信または保管する。(vii) API またはコンテンツへの不法アクセスを得ようとしたり、その完全性や性能を乱そうとする。 (viii) この他、第三者の代理としてAPI またはコンテンツを利用する。


権利保有 - 本契約内に明示的に明記されているもの以外では、API またはコンテンツに関するいかなるライセンスや他の権利もライセンシーには与えられず、こういったライセンスと権利は Gracenoteがここに明示的に留保する。Gracenote またはそのコンテンツ・プロバイダー、協力会社、パートナーのいかなる特許や特許出願に関するいかなる権利やライセンスも、明示的であれ非明示的であれ、 禁反言、黙示、失効またはその他の法理によって、エクイティ上であれ、それ以外であれ、ライセンシーやいかなる第三者にも提供されるものではない。 Gracenote とライセンシーの間と同様に、API (そこで提供される全てのコンテンツを含む) における、またはその API に対する、API と全ての知的財産権は常に、Gracenote、そのコンテンツ・プロバイダー、協力会社とパートナーの単独かつ排他的な所有物であり、かつ今後もそうあ り続けるものとし、適用される知的財産権の法律と条約により保護されるものである。


当事者免責義務 - 本契約の内容を条件として、ライセンシーはその APIの使用 (そこで提供される全てのコンテンツを含む) から生じるまたは当該の使用に関する、もしくは本契約や本書に記載されている表記や保証に反することによって生じるいかなる請求、損害、責任、コスト、料金 (妥当な弁護士料を含む) などから、Gracenote、その協力会社、ライセンサー、およびそれらそれぞれの従業員、役員、取締役、代理店、代理人を弁護、免責し、害を及ぼさな いものとする。ライセンシーは、そのAPIまたはコンテンツのいかなる使用に関しても Gracenoteが免責義務を負わないことに合意する。


保証免責事項 - API またはコンテンツはいかなる種類の保証も伴わずに「そのままの状態で」提供される。適用される法律が義務付けている範囲を除き、Gracenote はAPI またはコンテンツに関するいかなる明示的、暗示的、制定法上の保証も提供せず、これには売買可能性、正確性、利用の結果、信頼性、特定目的への適合性、権 原、平穏享有の妨害、そして第三者の権利の非侵害に関するいかなる、かつあらゆる黙示的保証を含むが、これだけに限らない。Gracenote はライセンシーがAPI またはコンテンツを中断するなく利用できるといういかなる保証も、またこれらに誤りが存在しないといういかなる保証も提供しない。


責任制限 – いかなる場合にも Gracenote は、API またはコンテンツを使用または使用できないことにより生じる、いかなる利益損失、データの消失または破壊、コンピューターの障害または故障、ビジネスの中 断、または他の特定の、間接的な、偶発的な、または結果的ないかなる種類の損害についても、いかなる不法行為、契約、過失、厳格責任または他の法的または エクイティ上の原則に基づいた責任をライセンシーまたはいかなる第三者に対しても負わず、この責任制限はGracenote が当該の損失や損害の可能性を助言されていた場合でも、かつ当該の損失や損害が予測可能であったか否かに関わらず、かつ本文書内で明言されたいかなる修復 もその本来的な目的を果たしたか否かに関わらず適用される。API またはコンテンツに関するいかなる問題または不満足に対してライセンシーがもつ唯一の権利は API またはコンテンツの使用を中止することである。本契約から生じるまたは本契約に関するいかなる請求も、当該の請求の原因となった事件発生の1年後以内に提 示されなければならず、Gracenote の責任の総額は500ドルを上限とする。


契約期間と解除 - 本契約はこれらの条項をライセンシーが受諾した時点で有効となり、その時点から1年間 (「初期期間」) 継続されるものとする。ライセンシーは、Gracenote に対してhttps://developer.gracenote.comを通じて契約失効日の少なくとも30日前までにリクエストを提出することにより本契約を更新でき、同リクエストはGracenote の単独の自由裁量で受諾されうる (「更新期間」、そして初期期間と合わせて「期間」)。いずれの当事者も本契約をいかなる理由でも、あるいは理由がなくても解除することができ、この理由 にはライセンシーが本契約の条項に違反した場合を含むが、これだけに限定されない。本契約のいかなる解除も、本文書の下に与えられる全てのライセンスを解 除するものとする。いかなる理由による本契約の解除時においても、ライセンシーは、全てのコンピューター、ハードドライブ、ネットワーク、他の保存メディ アから、API またはコンテンツの全てのコピーを (全てのキャッシュされた一時的なコピーを含め) 削除・消去するものとする。「他の制限事項」、「権利保有」、「当事者免責義務」、「保証免責事項」、「責任制限」、「契約期間と解除」、「政府規制」、 「オープンソースライセンス条項」、「雑則」と名付けられた条項は本契約解除後も継続して有効であるものとする。


オープンソースライセンス条項 – 本文書の下に与えられる権利とライセンスは、当該のAPI をオープンソースライセンス条項の対象とするいかなる権利、ライセンス、権力、または権限も含まない。ライセンシーはオープンソースライセンス条項の下で API またはそのいかなる派生的作業物をもライセンスすることを必要とするような方法で、API に関するいかなる行為も行わず、また第三者に当該行為を行うことを許可しないと明示的に合意する。これらの行為は下記を含むが、これだけ限定されない: (i) API またはそのいかなる派生的作業物をも、編入、リンキングまたはその他などの手段により、オープンソース・ソフトウェアと組み合わせること、または (ii) オープンソース・ソフトウェアを使用して API の派生的作業物を作成すること。


雑則 – 本契約により形成される当事者間の関係は、パートナー、ジョイント・ベンチャー、またはエージェントではなく、独立した契約者同士の関係である。本契約には第三者の受益者は存在しない。当該のAPI とコンテンツは米国輸出法および他国で適用される法律の対象であり、ライセンシーはそれらを厳格に順守するものとする。本契約は本対象物に関する当事者間の完全な理解が記載されており、事前のあらゆる提案、マーケティング資料、交渉、本文書の本対象物に関する当事者間の書面または口頭での他のコミュニケー ションなどに優先する。ライセンシーは本契約またはその中のいかなる権利または義務をも譲渡してはならず、ライセンシーが主張するいかなる譲渡も、それが法の作用、支配者の変更、または他の理由によるものであっても、無効であり、拘束力がないものとする。本契約のいかなる条項が無効または法的強制力がないと決定された場合でも、本契約の他の条項には影響を及ぼさないものとする。本契約、そして本契約やAPI またはコンテンツから生じる、あるいは本契約やAPI またはコンテンツに関連したいかなる争議も、日本の法律により統治され、ライセンシーは東京の裁判所の対人管轄権の対象となり、全ての争議は排他的に当該裁判所の管轄下となる。国際物品売買契約に関する国際連合条約と統一コンピューター情報取引法は適用されないものとする。いずれの当事者も、命令もしくは本契約のいかなる部分の遂行におけるいかなる遅延または失敗に対しても、その原因が下記のような場合には責任を負わない、あるいは義務不履行であるとは見なされない(ただし、下記事項だけに限定されない):事故、火災、業界全体のストライキ、禁輸、政府の行為、戦争、テロリズムまたは国内の緊急の必要性、神による不可抗力、社会の敵による行為、あるいはこの他の原因でライセンシーまたは Gracenote が合理的にコントロールできる範囲を越えるもの。本契約が他の言語に翻訳され、2つの言語のバージョン間に矛盾がある場合には、当該の矛盾が翻訳の誤りの結果である限りにおいて、英語のバージョンを優先するものとする。




GRACENOTE API LICENSE AGREEMENT


BY ACCEPTING THIS AGREEMENT, WHICH CAN BE DONE BY EITHER CLICKING A BOX INDICATING YOUR ACCEPTANCE OR BY ACCESSING OR OTHERWISE USING THE API
S (“ACCEPTANCE” OR “ACCEPTING”), YOU (“YOU”, “YOUR” OR “LICENSEE”) ACCEPT AND AGREE TO BE BOUND BY THE FOLLOWING GRACENOTE API LICENSE AGREEMENT (“AGREEMENT”). IF YOU ARE ENTERING INTO THIS AGREEMENT ON BEHALF OF A COMPANY AND/OR OTHER LEGAL ENTITY OR PARTY, YOU REPRESENT AND WARRANT THAT YOU HAVE THE LEGAL AUTHORITY TO BIND SUCH COMPANY, LEGAL ENTITY OR PARTY TO THIS AGREEMENT, IN WHICH CASE “YOU”, “YOUR” OR “LICENSEE” SHALL MEAN SUCH COMPANY, LEGAL ENTITY OR PARTY. THIS AGREEMENT IS A LEGAL CONTRACT BETWEEN YOU AND GRACENOTE, INC. AND ITS AFFILIATES (“GRACENOTE”), AND INCLUDES (I) THIS AGREEMENT, AND (II) ALL OTHER DOCUMENTS, POLICIES AND TERMS FOUND ATHTTPS://DEVELOPER.GRACENOTE.COMOR PROVIDED TO YOU AT THE TIME OF YOUR ACCEPTANCE OF THIS AGREEMENT, WHICH ARE HEREBY INCORPORATED BY REFERENCE HEREIN. IN THE EVENT OF A CONFLICT BETWEEN THE TERMS OF THIS AGREEMENT AND SUCH ADDITIONAL DOCUMENTS, THIS AGREEMENT SHALL CONTROL WITH RESPECT TO YOUR USE OF THE APIS AND THE CONTENT.

 

LICENSE TO LICENSEE - During the Term of this Agreement, and subject to Licensee's full observance and compliance with all of the terms and conditions herein, Gracenote grants Licensee a limited, non-exclusive, revocable, non-sublicensable, indivisible, non-transferable license to (i) Gracenote's application program interfaces, software, code, associated tools, documentation, and other materials provided by Gracenote at https://developer.gracenote.com or any other website located at a URL designated by Gracenote from time to time (collectively, the “APIs”), and (ii) access the Gracenote servers through the APIs for the sole purpose of making service calls in order to receive Content from the Gracenote digital music and media service (“Gracenote Service”), all solely to develop and distribute non-commercial applications that interoperate with the APIs for non-commercial purposes.  Access to the APIs or the Content may not always be available, and Gracenote reserves the right to modify, suspend or discontinue the APIs and the Content at any time without notice to Licensee. “Content” includes, but is not limited to metadata and information about music, movies, television programs; cover art; content-derived media identifiers; and/or any other data or information Gracenote chooses to include in its products, in each case, that Gracenote may provide or otherwise make available from time to time in its sole discretion via the APIs or pursuant to this Agreement. The use of any Content by Licensee is limited to concurrent use with the APIs.  This Agreement does not entitle Licensee to any support or upgrades for, or service levels to, the APIs or the Content, which may be provided by Gracenote at its sole discretion. Licensee is solely responsible for providing end user support and any other technical assistance for Licensee’s application. Should Gracenote release subsequent versions of the APIs and make them available to Licensee at https://developer.gracenote.com, Licensee understands that it may be required to obtain and use such most recent version in order for the Licensee application to continue to function with the APIs and the Gracenote Service.

 

LICENSE TO GRACENOTE AND FEEDBACK - Licensee hereby grants to Gracenote the non-exclusive right and license to display, promote and link to all websites and other products/applications using the APIs, provided that Gracenote shall attribute the work to Licensee. Licensee further grants to Gracenote an irrevocable, non-exclusive license to any and all data provided by Licensee to Gracenote in connection with Licensee's use of the APIs, and represents and warrants that all materials provided by Licensee to Gracenote do not violate any third party rights and are free of any and all claims.  Gracenote shall have a royalty-free, worldwide, perpetual license to use or incorporate into the APIs or Content any suggestions, ideas, enhancement requests, feedback, recommendations or other information and derivatives thereof provided by Licensee.

 


USAGE LIMITATIONS
- Licensee’s application must access a Gracenote server directly when obtaining Content from or sending Content to the Gracenote server, and such access may not be redirected from Licensee’s own site or any other server. If Licensee’s application includes at least one of the APIs, Licensee agrees not to use any similar or competing product to any of the APIs in that application. The aggregate number of (i) end users of Licensee’s applications and (ii) APIs calls Licensee (including its end users) is authorized to make per day, during the term of this Agreement for each Client ID issued to Licensee, shall be at Gracenote’s sole discretion and may be notified to Licensee at the time Licensee Accepts this Agreement. Notwithstanding the foregoing, Gracenote may change such usage limits at any time without notice. In addition to its other rights under this Agreement, Gracenote may utilize technical measures to prevent overusage and/or stop usage of the APIs at any time.  Should Licensee require greater access to the APIs than the license granted herein, it shall contact Gracenote for a commercial APIs license.

 


CLIENT ID AND DEVELOPER ACCOUNTS
 - Licensee must create a developer account in order to obtain access to the APIs, which may be limited to one account per valid email address. For clarity, Licensee shall not have more than one account per person (if entering into this Agreement on its own) or entity (if entering into this Agreement on behalf of a company and/or legal entity or party), including any other license agreement (commercial or non-commercial) Licensee may have entered into with Gracenote (validated legacy customers excepted). A Client ID will be issued to Licensee for accessing the APIs and managing its account; Licensee may not sell, transfer, sublicense or otherwise disclose the Client ID to any other party or use it with any third party application(s), technology, website(s) or property.  Licensee is responsible for maintaining the secrecy and security of the Client ID, and is fully responsible for all activities that occur using the Client ID, regardless of whether such activities are undertaken by Licensee or a third party.  Licensee shall notify Gracenote immediately if Licensee believes the Client ID has been compromised or misappropriated in any way, including, without limitation, by a third party. “Client ID” means a set of alphanumeric data supplied by Gracenote that identifies your application to a Gracenote server. Licensee is solely responsible for the use of the APIs and the Content, and shall ensure that its use of the APIs and the Content complies with all applicable laws and regulations, including without limitation, laws regarding personal data, privacy, copyright and export controls. Gracenote will utilize the registered email addresses to submit emails to Licensee about its developer account (to include without limitation Gracenote-related events) and APIs usage.

 

ATTRIBUTION REQUIREMENTS - All uses of the APIs must display the Gracenote logo (“Logo”) available at https://developer.gracenote.comalong with a link to www.gracenote.com using the standard linking format, which must be placed in (i) the “General Notice” or similar information area such as an “About Box” or “Info Box” (if one exists) or (ii) similar location (such as the conditions of use or the product detail section).  Licensee shall not use any trademark, service mark, trade name or any other mark of Gracenote or any other party or licensor except in accordance with the attribution requirements herein.

 

OTHER RESTRICTIONS - Except as expressly authorized under this Agreement, Licensee may not (i) copy the APIs or Content for purposes outside the scope of the licenses granted herein, (ii) use the APIs or the Content to create databases or any other compilations of Content, or for purposes of comparative analysis intended for publication without Gracenote's prior written consent, (iii) use the APIs or the Content to create an application that offers or promotes services that may be competitive with, damaging to, disparaging of or otherwise detrimental to the Gracenote Service, to Gracenote, or to its content providers, affiliates and partners, (iv) copy, rent, lease, sell, transfer, assign, sublicense, disassemble, reverse engineer, decompile, modify, create derivative works from, or alter any part of the APIs or the Content, (v) crawl, spider, index or in any way store information obtained from the APIs or the Content (except for the limited license granted herein), or propagate any virus, worms, Trojan horses, or other programming routine intended to damage any system or data, (vi) send or store infringing or unlawful material using the APIs, (vii) attempt to gain unauthorized access to, or disrupt the integrity or performance of, the APIs or the Content, or (viii) otherwise use the APIs or the Content on behalf of any third party.

 

RESERVATION OF RIGHTS - Other than as expressly set forth in this Agreement, no license or other rights in or to the APIs or Content are granted to Licensee, and all such licenses and rights are hereby expressly reserved by Gracenote. No right or license, express or implied, is granted to Licensee or any third party by estoppel, implication, exhaustion or other doctrine of law, equity or otherwise with respect to any patent or patent application of Gracenote or its content providers, affiliates and partners. As between Gracenote and Licensee, the APIs and all intellectual property rights in and to the APIs (including all Content provided therein) are and shall at all times remain the sole and exclusive property of Gracenote or its content providers, affiliates and partners, and are protected by applicable intellectual property laws and treaties.   

 

PARTIES INDEMNITY OBLIGATIONS - Subject to this Agreement, Licensee shall defend, indemnify and hold Gracenote, its affiliates, and licensors, and each of their respective employees, officers, directors, agents and representatives, harmless from and against any claims, damages, liabilities, costs and fees (including reasonable attorneys' fees) arising out of or related to Licensee's use of the APIs (including all Content provided therein) or for any breach of this Agreement and/or any of the representations and warranties made herein. Licensee agrees that Gracenote shall have no indemnity obligations for any use Licensee makes of the APIs or the Content.

 

WARRANTY DISCLAIMER - THE APIs AND THE CONTENT ARE PROVIDED "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND. EXCEPT TO THE EXTENT REQUIRED BY APPLICABLE LAW, GRACENOTE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, WHETHER EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, REGARDING THE APIs AND THE CONTENT, INCLUDING WITHOUT LIMITATION ANY AND ALL IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, ACCURACY, RESULTS OF USE, RELIABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE, TITLE, INTERFERENCE WITH QUIET ENJOYMENT, AND NON-INFRINGEMENT OF THIRD-PARTY RIGHTS. GRACENOTE DISCLAIMS ANY WARRANTY THAT LICENSEE'S USE OF THE APIs AND THE CONTENT WILL BE UNINTERRUPTED OR ERROR FREE.

 

LIMITATION OF LIABILITY - IN NO EVENT WILL GRACENOTE BE LIABLE TO LICENSEE OR TO ANY THIRD PARTY UNDER ANY TORT, CONTRACT, NEGLIGENCE, STRICT LIABILITY OR OTHER LEGAL OR EQUITABLE THEORY FOR ANY LOST PROFITS, LOST OR CORRUPTED DATA, COMPUTER FAILURE OR MALFUNCTION, INTERRUPTION OF BUSINESS, OR OTHER SPECIAL, INDIRECT, INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES OF ANY KIND ARISING OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE APIs OR THE CONTENT, EVEN IF GRACENOTE HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH LOSS OR DAMAGES AND WHETHER OR NOT SUCH LOSS OR DAMAGES ARE FORESEEABLE, AND REGARDLESS OF WHETHER ANY REMEDY SET FORTH HEREIN FAILS OF ITS ESSENTIAL PURPOSE OR OTHERWISE.  LICENSEE’S ONLY RIGHT WITH RESPECT TO ANY PROBLEMS OR DISSATISFACTION WITH THE APIs OR THE CONTENT IS TO STOP USING THE APIs OR THE CONTENT. ANY CLAIM ARISING OUT OF OR RELATING TO THIS AGREEMENT MUST BE BROUGHT WITHIN ONE (1) YEAR AFTER THE OCCURRENCE OF THE EVENT GIVING RISE TO SUCH CLAIM, AND GRACENOTE’S OVERALL LIABILITY SHALL BE CAPPED AT $500.

 

TERM AND TERMINATION - This Agreement shall become effective upon Licensee’s Acceptance of these terms and shall continue for one (1) year thereafter (“Initial Term”). Licensee may renew this Agreement by submitting a request to Gracenote throughhttps://developer.gracenote.com at least thirty (30) days prior to the expiration hereof, which may be accepted at Gracenote’s sole discretion (“Renewal Term”, and collectively with the Initial Term, the “Term”). This Agreement may be terminated by either party for any reason, or for no reason including, but not limited to, if Licensee violates any provision of this Agreement. Any termination of this Agreement shall also terminate all licenses granted hereunder. Upon termination of this Agreement for any reason, Licensee shall destroy and remove from all computers, hard drives, networks, and other storage media all copies of the APIs and the Content (including all cached ephemeral copies). The sections titled “Other Restrictions”, “Reservation of Rights”, “Parties Indemnity Obligations”, “Warranty Disclaimer”, “Limitation of Liability”, “Term and Termination”, “Government Restrictions”, “Open Source License Terms” and “Miscellaneous” shall survive termination of this Agreement.

OPEN SOURCE LICENSE TERMS - The rights and licenses granted hereunder do not include any right, license, power or authority to subject the APIs to open source license terms. Licensee expressly agrees it shall not perform, or permit any third party to perform, any actions with regard to the APIs in a manner that would require them, or any derivative works thereof, to be licensed under open source license terms. These actions include, but are not limited to, (i)   combining the APIs, or any derivative works thereof, with open source software, by means of incorporation or linking or otherwise, or (ii) using open source software to create a derivative work of the APIs.

 

MISCELLANEOUS - The relationship between the parties created by this Agreement is that of independent contractors and not partners, joint venturers, or agents. There are no third-party beneficiaries to this Agreement. The APIs and Content are subject to U.S. export laws and applicable laws of other countries, with which Licensee shall strictly comply. This Agreement states the entire understanding between the parties with respect to its subject matter, and supersedes all prior proposals, marketing materials, negotiations and other written or oral communications between the parties with respect to the subject matter hereof. Licensee may not assign this Agreement or any rights or obligation hereunder; any purported assignment by Licensee, whether by operation of law, change in control, or otherwise, shall be null and void. A determination that any provision of this Agreement is invalid or unenforceable shall not affect the other provisions of this Agreement. This Agreement, and any dispute arising out of or in connection with this Agreement, the APIs or the Content, will be governed by the laws of Japan, and Licensee submits to the personal jurisdiction of the courts in Tokyo, Japan, and all disputes shall be exclusively subject to the jurisdiction of such courts. The U.N. Convention on Contracts for the International Sale of Goods and the Uniform Computer Information Transactions Act shall not apply. Neither party shall be liable or deemed in default for any delay or failure in performance of an order or any part of this Agreement to the extent that such delay or failure is caused by the following, but not limited to: accident, fire, industry-wide strike, embargo, act of the government, war, terrorism or national emergency requirement, act of God, act of the public enemy or any other cause beyond the reasonable control of Licensee or Gracenote. In the event that this Agreement is translated into other languages and there is a discrepancy between any two language versions, the English version shall control to the extent that such discrepancy is the result of an error in translation.